彼氏がED

パートナーがEDになってしまった場合

手をつなぐカップル

女性の性欲は年齢と比例する!?

女性の性欲は、20代から高まり始め女性ホルモンが低下し始める30~40代にピークを迎えるといわれています。
35歳を過ぎたあたりからエストロゲンという女性ホルモンが減り、代わりに男性ホルモンであるテストステロンの働きが強まるため強い性欲が出てくると考えられています。
性欲のピークは数年から10年程度とみられています。
それは、エストロゲンの分泌が減るにつれ女性器がどんどん濡れにくくなるためそれに伴い性欲も低下していくと考えられているためです。
他にも、女性の性欲が年齢とともに上がっていく原因として、初体験のころは痛みを伴うことも多いですが、慣れてくるにつれ快感を覚えるようになるということが挙げられます。
つまり、晩婚夫婦の場合にも、女性の性欲はむしろ若いころよりも高まっている傾向にあるため問題ないといえるのです。
逆に男性の場合は10代のうちに性欲が高まり、20代中ごろから落ち着き30台前後で急激に性欲が落ち込むという人も少なくありません。
また男性の場合は恋愛対象から結婚に移行すると性欲が減少する傾向にあるため晩婚夫婦の性生活に大きく影響してくることが考えられます。
子供を産むためだけの手段や、相手だと考えずに生涯のパートナーとして伴侶をしっかりと選ぶことも大切です。