彼氏がED

パートナーがEDになってしまった場合

手をつなぐカップル

ED改善とプロステーシスとお勧めのツボ

手術

ED治療薬を利用してもEDが改善されない場合、その時に利用されるのが手術で、人工の装具を陰茎海綿体内に挿入する方法が行われます。
この時に利用する装具の総称をプロステーシスと呼び、実際にはED改善の最終的な治療法となっています。
この方法の大きなメリットは、一度手術を受ければ勃起する事ができる様に成るという事ですが、勃起時ではなくても性器が固くなっている等のデメリットもあるので、実際に手術を受ける場合にはそういったデメリットを良く理解しておかなければいけません。

ただ前述した様にプロステーシス自体はED治療の最終的な方法なので、まずはその他の方法を試してみる事が重要です。
その一つが治療薬の利用です。
バイアグラやシアリスなど、現在では病院で処方してもらったりして入手する事ができる様になっています。
この治療薬は勃起障害自体を解消するのではなく、それを服用する事によって勃起の補助的な役割を担う薬となっています。
性的興奮を覚えなければ勃起する事はまずなく、性行為の前に服用する事で効果を感じる事ができる物です。

また、ED改善に効果があるというツボも人間の体には存在しています。
例えばへその下にある関元、その下にある中極、さらに中極の左右にある大赫です。
また背中にある命門や、足首にある三陰交も精力を高める効果が期待できるツボとなっているので、その部分を静かに軽く痛く感じる程度の力で押してみましょう。
人によってはツボを刺激するだけでも効果を感じられる事は少なくありません。

そういった工夫をしてもなかなかEDが改善されない、そういう場合はプロステーシスを選びます。
ただプロステーシスは保険適用外となっているので、その点についてはしっかりと理解しておかなければいけません。